イニシャルコストが高いのでは?
たしかに、機器の価格としては「ちょっと高い」と感じる人も多いでしょう。しかし、オール電化機器は燃焼部分がないため劣化が少なく、長持ちするのが特長です。たとえば、電気温水器の平均寿命は約 15年。20年以上使用されているご家庭も珍しくありません。

また、月々の光熱費が安くなることや、キッチンの油汚れが減少するのでリフォームのスパンが長くなること、結露が発生しにくいので住まいの寿命を縮めないことなどを考え合わせると、オール電化は長期的に見て経済的であるといえます。

また、金融機関によっては、オール電化を導入した場合限定で、ローン金利が優遇される制度があります。新築時に利用すると、金利優遇を受けない場合に比べて大きなメリットが生まれるため、トータルコストがさらにおトクになります。また、リフォームの際に初期費用負担が気になる方にもおすすめの制度です。