Iオール電化で使う200ボルトって何?
200ボルトは、2倍にパワーアップした電気の使い方
照明やテレビなど、皆さまがご家庭で使用している電気は100V(ボルト)の電圧がほとんどです。200Vとは、この100Vのパワーを2倍にして使えるパワフルな電気の使い方です。もちろん、200Vを使いながら、通常の100Vの電気機器もご利用できます。



パワー不足という弱点を補い、
安心・清潔などの長所を生かした200ボルト
照明・テレビ・冷蔵庫など通常の家電機器を使う場合には100Vでも問題ありませんが、調理など短時間で強いパワーが必要となる場合には、100Vではパワーに限界があります。
例えば「電気の調理器はパワーが弱い」と思っている方は、ワンルームマンションなどに多かった渦巻き状の電気コンロのイメージが強いのではないしょうか?
こういった100V式の弱点である「パワー」を補いつつ、安心・清潔・制御性に優れた電気の長所を生かしたのが200Vです。
※最近の電気式コンロはIH式が主流で、
 渦巻き状のタイプとは加熱の仕組みも外観も異なります。




最近増えている200ボルト
200V機器は、パワーが必要な機器を中心に増えています。
例えば、強い火力が必要なクッキングヒーターや、大量のお湯を沸き上げる電気温水器・エコキュート。 また、エアコンや床暖房、浴室暖房乾燥機、食器洗い乾燥機、オーブンレンジなどでも200V機器が増えており、今や火を使わなくても、パワーフルで快適な暮らしができるようになってきました。




200ボルトだからといって料金が高くなるわけではありません
200Vだとパワーに比例して、電気料金も倍になるというわけではありません。
例えば同じ量の水を沸騰させる場合、200V機器ではパワーが倍になる分、沸騰までの時間は半分ですみます。使う電気の量(kWh)は変わらないわけですから、電気料金は100Vの場合と変わりません。 つまり、電気料金は、使った電気の量(kWh)で決まるのであって、電圧(ボルト)の違いで変わるわけではありません。
※kWh=電圧(V)×電流(A)×使用時間
 200Vの場合、パワー(V)が倍になっても使用時間が半分のため、電気の使用量は同じです。





こんなに経済的な200ボルト オール電化ライフ
オール電化向けの料金プラン(Eライフプラン)に加入した場合、浴室暖房乾燥機や食器洗い乾燥機などタイマーを使って深夜に運転させれば、料金単価は昼間の約1/3。 5%の電気料金割引制度とあわせて、光熱費を大きく節約できます。 また、オール電化にすると、電気・ガスと分けて支払っていた光熱費を1本化できるため、例えば基本料金だけを見ても大きな節約になります。

※調理・給湯だけでなく、暖房などすべての熱源を電気でまかなう場合の割引制度(上限2,100円/月)



200Vは実は家の中まで来ています。