オール電化にするには(200ボルト機器を使うには)、どんな電気工事が必要なの?
オール電化に必要な200ボルト配線は、多くの場合は、 家の中まで来ていますので、 基本的には、分電盤からクッキングヒーターや 電気給湯機などの機器までの配線工事を行えば、 200ボルト機器(オール電化機器)は利用できます。

また、お客さまの電気設備状況によっては、その他工事も必要になりますので、 詳しい内容については以下をご覧ください。 新築やリフォームにあわせて行えば、工事は簡単かつ経済的です。





分電盤をご覧下さい。
「単相3線式」配線のご家庭では、3本の電線で電気が送られてきています。 (※) 
この3本の電線のうち、2本を使い分けることで、実はご家庭でも100V(ボルト)と200V両方の電気機器が使うことができます。
※単相3線式は、ほとんどのご家庭で採用されている配線方式です。







上図のように200Vは家の中まで来ている訳ですから、 クッキングヒーターや電気温水器などの機器までの配線工事を行えば、 200V機器(オール電化)は利用できます(※)
もちろん、新築や大規模リフォーム時には、簡単にオール電化にすることができます。 ちなみに、ガス配管工事は不要です。
※その他、お客さまの電気設備状況によっては、 その他の工事も必要になります。以下の配線事例をご参照下さい。












その他、お客さまの電気設備状況によっては、機器までの専用配線工事以外に、以下の工事も必要になります。具体的な工事内容および工事費については、当社にご相談下さい。

※1 メインブレーカー容量の検討
クッキングヒーター等の設置により、メインブレーカーや漏電遮断器などの電気容量が不足する場合は、その取り替え工事が必要となります。

※2 分電盤の大きさ検討
分電盤に予備回路がなく、新たに設置する200V機器用のブレーカースペースがない場合や、「※1」のブレーカー取替により分電盤スペースが足りなくなった場合などは、分電盤の取替工事が必要となる場合もあります。

※3 幹線(電線)サイズの検討
クッキングヒーター、電気温水器等の設置により、幹線(電線)のサイズ(容量)が不足する場合は、太いサイズのものに張り替える工事が必要となります。
※幹線:引き込み口から、分電盤内のメインブレーカーまでの部分

・この他にも、お客さまの設備状況によって工事が必要となる場合もあります。
・上記屋内配線設備工事は、電気工事店さんでの工事が必要となります。
・電気の契約容量増加に伴うメーター取り替えおよび引き込み線の張り替え等、中部電力設備の工事は無料です。